コロナ自粛の後の社員やお客様のリスク軽減のために
「Quick Hygiene Terminal」は、入り口に設置するだけで入場者の水際対策として、体温を検知し、入場者に対して体表面温度をお伝えすることが可能です。  

今回のコロナ禍事象によって、当たり前だった普通の人と人との接点が同時にリスクとなりました。しかし、買い物や仕事など必然として外出しなくてはならない、また、そのお客様や従業員を受け入れなければならない状況があります。「Quick Hygiene Terminal」は、簡単に導入可能な、非接触の顔認証検温システムです。
Quick Hygiene Terminal 6つのポイント

POINT1:検温のコストダウン

受付や入り口で検温をする人材のリスクや、本人の不安は計り知れません。検温を行うリソースを少しでも減らすことで、感染リスクと人的コストの削減を行うことが可能です。

POINT2:顔認証を利用した、非接触検温

これまでの指紋認証や静脈認証などの接触型の出入り口設備が、見直されようとしています。「ノータッチ」をキーワードに、顔認証での非接触検温を実現しました。

POINT3:簡単ですぐに設置可能

面倒な設定は必要なく、届いたら箱を開け電源ケーブルをコンセントに刺し、してしばらく待つだけですぐに導入可能な製品です。

POINT4:誤差0.3℃の高精度検温

誤差±0.3℃という高精度な検温を実現しました。他社製品と比べても精度の高い製品です。

POINT5:シンプルかつスピーディー

画面に表示されたガイドに顔を合わせるだけの簡単操作、結果も瞬時に表示されます。

POINT6:導入しやすい低価格

類似製品に比べ導入しやすい低価格を実現。初期費用を抑える事が可能です。
お問い合わせはこちら

Quick Hygiene Termina

製品に関するお問い合わせは下記よりご連絡下さい。

オープン価格

お問い合わせはこちら